パキスタンの働く女性インタビュー(1)一男一女の母でもある新聞記者

ガザラ・ファシフさん(新聞記者・46歳)にお話を聞きました。

彼女のオフィスにて。

彼女のオフィスにて。

日刊紙「ナワイバート」記者。在職20年目です。

カラチ大学文学部卒業して入社。新聞記者になったのは、「読んだり書いたりするのが好きだったから」。

「この職場はとてもリラックスしていて、よく野良猫が出たり入ったりしていて、すごく自由なんですよ」とのこと。

ランチ風景ランチ風景。みんなお弁当を持ってきて、好きな時間に食べている。

一男一女の母。パキスタンの場合、民間企業は産休が1、5ヶ月とれ、政府系の職場合は3ヶ月だそう。

「家計はほとんど夫がまかなっています。自分で払っているのは電話代、お手伝いさんの給料、子供の学費くらい」。

「パキスタンでは、会社では同じポストなら、男女で給料は変わりません。どの会社も、そうです。女性は決して抑圧されていません。問題はありますが、それは世界のどこにでもある問題。この国だけではありません

【関連記事】

パキスタンの働く女性(2)イスラム商工会議所・事務総長補佐に「結婚観」を聞く

パキスタンの働く女性インタビュー(3)投資銀行の経営責任者

パキスタンの働く女性インタビュー(4)警察一等司令官

コメントを残す