エジプト料理教室で講演しました

 

先日ここにも書いたエジプト料理教室へいってきました。

そこで、少しサイーダさんについてもお話させていただきました。

 

カフェバグダットの水野さんの名司会で、

なんとか切り抜けました。

 

 (水野さん)「最初からサイーダさんには、すんなりと受け入れられたんですか?
  (私)「そうですね。部族の長の方の紹介ということもあって、わりとすんなり」
 
 (水野さん)「はじめて常見さんを見て、サイーダさんはどういう反応でした?」
  (私)「実は、はじめて会いに行ったときは、彼女が見つけられなかったんです。
サイーダさんはいつも移動していますから、彼女の一番下の息子を道案内にたのんで探しました。彼ならサイーダさんの足跡やラクダの足跡がわかるからです。足跡を追っていけば、サイーダさんの居場所がわかる。でもそのときは、部族長の息子のランドクルーザーに乗っていて、サイーダさんの息子さんは、助手席から足跡を見ていたんですが、それが原因なのか、見つけられませんでした。遊牧民は皆、トヨタの軽トラックに乗っているんですね。その荷台に乗って、もっとよく地面を見ていたら、足跡がよく見えたのにと、後で息子さんはいっていました。
 彼女に会えたのは、それから二度目に会いに行ったときです。私が一度目に訪ねてきたのを、たぶん息子さんか誰かに聞いて知っていたのか、あまり驚きませんでした」

 

 

 

コメントを残す