【写真パネル貸し出し】写真展「女ノマド、一人砂漠に生きる」の写真パネルを貸し出しします。

拙著『女ノマド、一人砂漠に生きる』に関連する写真パネルをお貸し出しします。

【ストーリー】

「女ノマド、一人砂漠に生きる」

遊牧民女性サイーダは、エジプトの砂漠で一人で暮らしています。
家財道具一式をラクダに積み、ラクダを食べる草を求めて移動します。

泉の水を飲み、料理や暖をとる燃料には、砂漠にある枯木を使います。夜は月明かりでパンを焼き、寝るのは満点の星の下。テントは持っていません。移動の際に荷物が増えてしまい、寝るときに星が見えないのが嫌だからです。

携帯電話を持たないサイーダに会うには、砂漠に残された彼女とラクダの足跡をたどって探します。その日のうちに見つけられず、砂漠で一泊することもあります。

彼女が属するホシュマン族は、人口1000人ほど。主にナイル川東の砂漠に暮らしています。1997年以来この辺りには雨らしい雨が降らず、ほとんどの人が遊牧生活をやめ、砂漠の中にある定住地に移り住み、観光客相手の仕事をするようになりました。

今でも遊牧を続けているのはサイーダを含めて2、3家族だけ。このまま雨が降らなければ、あと数十年のうちに遊牧民はいなくなってしまうと言われています。

 

①大(70cmx100cm) 計3点

 

ラクダを連れて砂漠を移動するサイーダ

砂漠でマグレブ(夕暮れ時)の礼拝をする。

サイーダの娘のウンムスラマ。赤ん坊を背負っている。

 

②小(55cm×65cm) 計20点

 

パンを食べていると、お腹をすかせたラクダたちが集まってくる。

ラクダを連れて岩山を登るサイーダ

動物の肉を食べる時は、骨の中身まで食べ尽くす

ラクダを追い立てるサイーダ

燃料に使う枯木を集める

ラクダの糞はパンを焼く時の燃料として使われる。

言うことを聞かないラクダを追い立てる。

木の下でラクダの荷を下ろして休む。

洗った食器は枯木で作った塀の上で乾かす

泉の水で洗濯をする。

玉ねぎを炒める。

古い民族衣装であるブルカをつける。

ファティールというパンを焼く。右は今は亡き夫打破ラッラー。

飼っているラクダに口移しでパンを与える

寒い冬の夜。冬は0度近くになることもあるが、サイーダがかけるのは薄い毛布1枚とビニールシートだけ。

夜ろうそくの火のもとで、ラクダの毛をつむぐ。

カメラを向けると、おどけて飛び跳ねるポーズをとるサイーダ。

ふだんは町に住む息子が訪ねてきて、一緒に放牧に出かける。

古い民族衣装のブルカをかぶる。ブルカは母から娘へと代々伝えられるもの。

皮膚につく葉っぱを顔につけて遊ぶ。

【パネル概要】

・プリント:銀塩プリント
・加工:木製パネル(軽量のため、壁にさした画びょうに引っ掛けることができます)

ぱね

パネル裏側

【貸出条件】

単行本『女ノマド、一人砂漠に生きる』を会場で販売する場合には、パネルを無料でお貸し出しいたします。

②パネル配送料はご負担ください。

③パネルの全て・何点か選んで貸し出しできます。(選ぶ場合は、キャプションをお伝えください)。

ご連絡はfujiyo777@gmail.comまでお願いいたします。

 

【関連記事】

写真集「イスラーム ヴェールの向こう」を発売スタートしました

【写真展】「イスラーム ヴェールの向こう」(4月26日~5月9日)

コメントを残す