好奇心は生物。やりたいと思ったらすぐに行動を起こすべき!

21日より品川のキャノンではじまった写真家・高井潔さんの写真展の
オープニングに出席した。
http://cweb.canon.jp/s-tower/floor/1f/index.html

そのパーティ会場で、写真家の野町和嘉さんにお会いした。
私のことをよく覚えていてくださって、
彼に近況などをお聞きする。

最近インドへ行かれ、来月にはイランへいくという。
「アメリカが攻撃しそうだから、撮れるうちにと思って」

「またエジプトに行くんですか?」ときかれたので、「秋ぐらいに・・・」とか言葉を濁すと、表情が厳しいものにかわった。

「まだ何ヶ月も先じゃ・・・君がいくつか知らないけど、写真を撮れる時期というの
は限られている。好奇心は年をとるに連れて、少なくなっていくんだよ」とおっしゃる。

体力でも行動力でもなく、「好奇心」という言葉にショックを受けた。
なぜなら年をとって体力や気力も衰えることは想像できても、好奇心が衰えるとは思っていなかったからだ。

野町さんは言った。
「こういうのは、年をとってからわかるんだけどね」

写真家の知り合いは多いが、意外とこういう苦言は言ってもらえない。
世界を股にかけた大写真家がくださった率直な意見を
真摯に受け止めなければ。

コメントを残す