日本女性はラクダ好き>共同通信での写真展

共同通信本社にて写真展を行っています。
写真展を訪れるのは男性より圧倒的に女性が多いです。女性の方が男性より未知なるものに関心が高いのでしょうか?

今日も写真展会場にいると、何人かユニークな方々がいらっしゃいました。

 

ラクダ語

本日も新聞で写真展を知ったという女性が、会場にいらしてくださった。

「写真の興味よりも、これを撮った人がどういう人か見たくて来た」と。
ここまではっきり言われる方もめずらしいのでは・・・。

「意外とフツウのお嬢さんなんですね。よくいわれませんか?」
といわれて、(ふつうとはいったいどういう意味だろう)と思いながら、笑ってごまかす。。。。

写真に写っている主人公の女性を指さして、「この方は『ラクダ語』とか、しゃべるんですか?」と、おっしゃるので、
「え~と、そういう言葉はしゃべるかどうかしりませんが、ラクダの考えていることは、わかるみたいですよ」
 とお返事させていただいた。

が、もしかしたら、彼女は、私がこれまで気づかなかったところで、
 「ラクダ語」に近いような言葉をしゃべっているのかも。

ラクダの種類

もう一人の女性は、中東の様々な国を旅された方でした。そして国ごとのラクダの違いをよく知っていらっしゃいました。
 
「エジプトのピラミッド周辺のラクダはくさりににつながれて疲れている感じだっ
たが、チェニジアで見たラクダは毛ツヤが比べものにならないくらい美しかった」

鋭い観察力です。

彼女は行った先々でラクダの人形を買い求めるそうです。
「日本で売っているラクダはなぜか二こぶラクダが多い」という。
二こぶはモンゴルなどに多く、彼女曰く「毛が長すぎて体格ももっさりしている」。

それに比べて、ひとこぶラクダはスリムでかっこいいそうです。
この方には、帰り際に「もっとラクダの写真を撮って下さい」と言われました。

●常見藤代写真展
http://www.k5.dion.ne.jp/~fujiyo/
「Saieda-砂漠の荒野に生きる」
 2007年4月28日(土)~5月15日(火) AM9時~PM7時
 エジプトの砂漠で一人で暮らす遊牧民女性を4年間にわたって撮影したもの。

◆会場:共同通信社本社・ギャラリーウオーク TEL:xxx-xxx-xxxxx
http://topics.kyodo.co.jp/info2/gallerywalk/

女性の視点って鋭い。

●常見藤代写真展
http://www.k5.dion.ne.jp/~fujiyo/
「Saieda-砂漠の荒野に生きる」
 2007年4月28日(土)~5月15日(火) AM9時~PM7時
 エジプトの砂漠で一人で暮らす遊牧民女性を4年間にわたって撮影したもの。

◆会場:共同通信社本社・ギャラリーウオーク TEL:xxx-xxx-xxxxx
http://topics.kyodo.co.jp/info2/gallerywalk/

コメントを残す