健康的な食生活を実践している人が陥りがちな「落とし穴」

友人があちらの世界へ旅立った。膵臓ガンでした。家族とごく少数の人以外、闘病生活を伏せていたから、旅立ちの後に知った悲しい別れになってしまった。

それを知ったとき、彼女にこの本を見せたかった、と思った。
「今あるガンが消えていく食事」

毎日数種類の生野菜を使ったジュースを飲み、かぎりなく減塩し、玄米菜食中心の食事をするというもの。

かなり効果があるらしく、ガンが良くなったケースが多数紹介されています。

70代で膵臓ガンにかかった女性も、この療法でガン細胞が縮小しているとのこと。

健康は「手段」

亡くなった友人のご主人によれば、彼女は3年前にガンが見つかってから、マクロビオティックをはじめとして色々な食事療法を試みたそう。

しかしそれらは辛いものが多く、結局は「もうこのさい、食べたいものを好きなだけ食べよう」という考えに落ち着いたそうです。

それを聞いた時、一瞬残念な気がしましたが、「それでよかった」と思いました。

いくつかの食事療法を調べ、トライし、それと「残りの人生を楽しむこと」を天秤にかけ、考え抜いての選択だろうと思うから。

どんな最期を送るかは、結局本人が選択すること。

もし食事療法のおかげで1年か2年、あるいはそれ以上長く生きられたとしても、毎日食べたくないものを食べていたとしたら、楽しくないし、それで幸せなのか。

健康は人生を楽しむ「手段」でしかありません。当たり前ですが。

健康オタクの人(私も含めて)は、この点を取り違えてはいけないと思います。

もちろん健康でなければ、人生を楽しめません。旅行にも行けない、好きな映画も見に行けない。

私は人生を楽しみたいから、健康に良いことはすすんでやる。でも、つらいことはやりたくない。

ジョギングが健康によいとしても、走るのが嫌いだから走らない。

ビールやワインを我慢すれば、2年寿命がのびると言われても、それらをいっさいガマンするなんて何の人生か?と思う。

健康に努めることは大事だけれど、それが行き過ぎるとつらくなってしまう。

実は私の親戚がガンで闘病生活を送っています。

私はこれまで「ガンが治る食事」みたいな内容の本を送ったり、仕事をやめて治療に専念したらと言ったり、ガンが治った人がたくさんいることで有名な温泉に行くようにすすめたりしてきました。

けれどもそれに対する反応はにぶく、あいかわらず仕事を続ける彼女に、内心じくじたる思いを抱いてきました。

しかし気づいた。それは私のおせっかいだったのだと。

「親切」なことをしているとばかり思っていたが、本人にとっては迷惑なだけだったかもしれない。

たとえ健康に良くなさそうなことでも、本人がそれを選び、満足していたら、それを他人がどうこうしようとするのは愚かなこと。

天国の美酒

もし旅立った彼女が闘病生活の最中にいることを事前に知っていたら、私は親戚の女性にしたのと同じように、ガンが治る食事の本を送りつけたりして、きっと彼女に負担を与えていたことでしょう。

彼女は旅立つ直前の自分の誕生日に、愛娘2人とご主人、お姉さんとディズニーランドへ行ったという。

ベッドから起き上がることも困難になってしまった体で、車椅子に乗って。それを聞いた時、最後まで人生を楽しみ抜いたんだなあと思った。

各方面に友人が多く、それもとびきりユニークで個性的な人ばかりだったから、じゅうぶんに充実した楽しい人生を満喫したに違いない。

人には人生での「楽しみの総量」というのが決まっているのだと思います。

それが100だとして、100の楽しみを堪能し終えた人は、神様が「もう十分楽しんだでしょ。」と、天国へ誘うんだと思う。

彼女の早すぎる旅立ちに接すると、そうとしか思えない。

イスラム圏では、皆が来世の存在を信じていて、来世こそ本当の人生だと思われている。

来世で天国に行った人は、毎日美味しいお酒を飲んで楽しい毎日を過ごす。

彼女は今頃きっと美酒を片手に、はるか彼方から「超自分勝手」でおろかな私を見下ろして笑っているのだろう。

「ツネミ、天国へ入るには、まだまだ修行が足りないね」

いつかきっと、あちらの世界で、彼女と美酒の杯をかたむける日がくると信じている。

それまで待っててね。

コメントを残す