竹富島に泊まるかどうか迷ってる?泊まらなければ意味がない!

_MG_5449

竹富島は石垣島からフェリーで約10分。

竹富島を訪れる人の多くは、石垣島から日帰りします。

でも泊まることをおすすめします。昼間は観光客が多くてざわざわしていますが、石垣島への最終の船が去った後は島はひっそり。別の島のようです。

IMG_5519(朝、「なごみの塔」から集落をながめる)

_MG_5508

 

自転車より徒歩

石垣から日帰りで来た方は自転車で島を回る人が多いのですが、徒歩で十分。集落の中は白い砂が敷きつめられていて、自転車では走りにくいからです。バランスを崩してよろけたり、自転車から降りて押している人をよく見ました。

また自転車の運転に気をとられて、ゆったりと集落の雰囲気を味わったりできません。

港から集落まで歩くと10分ほどですが、泊まる場合は宿の人がたいてい港まで迎えに来てくれます。

午後島についたら集落を徒歩で見学、夕方から夜にかけてはコンドイビーチと西桟橋に行って夕日を眺める。

翌朝は観光客が誰もいない静かな集落をぶらぶら散歩。午前中の船で石垣に戻る。そんなスケジュールで十分かなと。

_MG_5514

小学校は30人

島には小学校と中学校がいっしょになった学校が1つだけあります。一学年5人。小学校は30人、中学校15人。計45人です。

野球などやるときは、違う学年がいっしょになってやるそうです。当然力の差がありますから、小さな子にはライトとか、あまりボールが飛んでこないようなポジションをやらせるそう。

IMG_5463 (2)西桟橋。夕日を見られるスポットとして有名。)

高校はないので、石垣島や沖縄本島へ。石垣島は船で10分なので通うこともできますが、部活をやるとなると最終便に間に合わない。なので石垣の寮に入る子が多いそう。この島の子どもは親元をはなれるのが早いです。

同級生のうち島に戻ってくるのは、5人のうち1人だそうです。

_MG_5505 (2)

島民は300人ほど。農家が10軒くらいで、あとは民宿や水牛者観光などをやっている。漁港がないため、漁業で生計を立てている人はいないそうです。

成人式は島の人みんなでお祝いします。誰もが知り合いなので、お正月には子供はたくさんお年玉をもらう。「1人千円でも、100人からもらえば10万円ですからね。でも僕は大人になってから、子供たちにあげるのを逃げてますけど」

_MG_5512

以上は、島でいちばん古い民宿「泉屋」の若主人(イケメン男子)に聞いた話。彼は夜には、宿泊者全員を車に乗せて星空を見に浜辺へ車で連れて行ったくれたり。泊まれなければ、こういう体験ちょっとできませんよね!

【関連記事】

石垣島の海が見えるホテル絶景宿「野空海 NOZOMI」

コメントを残す