<イスラム圏の旅行術> アラブの国による人の性格の違い。人を撮るとは、その国を撮ること

私が海外に行って撮るのは、もっぱら人です。
人と人の暮らしを撮る。それによって「国」が見えてくると思います。

端正なたたずまい・人:イラン

 

イランの人たちは、とにかく佇まいが美しい。上の写真をみてください。私が写真を撮るために、こんなふうに並んでくれたのではありません。もともとこんな感じでくつろいでいたのですよ。

陽気な国民:エジプト

エジプト・ソハーグ

フィッシュフライを売るおじさん

エジプト人はとにかく陽気。カメラを向けるとすかさずポーズをとってくれます。

老人が幸せな国:オマーン

オマーンの老人たち

オマーンで印象的なのは、とにかく老人が「良い顔」していること。きっと幸せな人生を歩んできたのでしょう。

老人が良い顔をしているということは、その国が良い国である証拠だと思います。

快く写真を撮らせてくださる皆さま、本当に有難うございます!!

宿泊予約サイト【MAPPLEトラベル】予約申込プロモーション

【関連記事】

8000年以上の古さを誇る洞窟の家 イラン・メイマンド村

「イランのスーパーマーケットが楽しすぎる」

「イランの外食に困ったら「アーブ・グーシュト」を食べよう

 

コメントを残す