イランで病気になったらどうする?知っておきたい「3つの大事なこと」

イランに向かう飛行機の中で、突然39℃の発熱と猛烈な腹痛・下痢に見舞われ、入国そうそう空港から病院に直行しました。機内食で出された果物が腐っていたようです。

空港でイラン在住の知人(日本人)に電話。おすすめの病院を聞き、タクシーで直行しました。

この時はかなり苦労した。その経験をふまえて、イランで病気になった場合に注意しておいた方がよいことをまとめました。

医療費は前払い

イランの病院は基本、どこも料金前払い。会計窓口でお金を払って初めて治療が受けられます。

私がタクシーで病院に着いた時は、高熱と腹痛でフラフラ。金勘定どころじゃない、一刻も早くドクターに会いたい!みたいな切羽詰まった状態でしたが、まずはお金を払わないと診察が受けられない。

しかも窓口の人は英語が話せませんでした。筆談で何度もやりとり。紙に金額を書いたりして(イランのお金はとにかく「0」の数が多い。それにイランにはトマンとリアルという2つの単位があり、金額を言う際、人によってトマンを使ったりリアルを使ったりと、まぎらわしいのです)

どうにかこうにか会計を。そのレシートを提示して、やっと治療が受けられたのです。

病院で英語が通じない!

その前に、病院の受付で英語が通じないのには困りました。「高熱がある!お腹が痛い!」と英語で訴えるものの、受付嬢3名とも、ぽか~んという表情。お腹をおさえて悲痛な表情でジェスチャーをしたら、やっと「ああ~おなかの調子が悪いのね」と理解してもらえたようで、、、、担当のドクターを紹介されました。

そのドクターの科へ行ったのですが、なんと彼は不在だったのです。「そんなこと受付で把握してないのか!」・・・。

運良く病院内で英語が話せる若者を見つけ、「急な発熱と下痢」という病状をナースに通訳してもらい、「それなら救急だ」となり、救急科へ運ばれました。

ベッドに横になって待っていると、ドクターが登場。英語が話せたのですが、「I have a fever !(熱がある)」と訴えても通じない。私の発音が悪いのかと思い、「フィーバー、フィーバー」と大声で連呼するものの、「?」という顔。

他に「熱がある」っていう英語、あったかなあ、とボーっと考えていたら、「そうだ!あれがあった!」。かばんの中にしまった「会話帳」。その「病気」のページの中の「熱がある」を見せたら、ようやくわかってもらえました。

会話帳がなければ死んでいたかもしれません。

医療費は高額

私が行った病院は、駐在員が行くような高い病院ではなく、どちらかというと庶民的な病院です。それでも点滴を打ったり血液検査をして、80ドルほどかかりました。

ふだん健康に妙な自信のある私は、保険に入っていませんでした。「クレジットカードの保険でなんとかなるさ」などと思っていたのですが、後で補償内容を確かめたら、「疾病」が含まれていなかった!!
イランに行くときは、ぜひ疾病保険に入っていきましょう!

イランでは貧乏人は病院に行けないそうです。保険もないわけではないようですが、万人に行き渡っているわけでもないでしょう。聞いた話では、治療が受けられなくて亡くなってしまった人もいるとか・・・。

ちなみに、その病院に入院すると、一日200ドル!かかるとか。 イラン人の平均月収が6万円ほどらしいので、イランで入院できる人は、もはやセレブ??

IMG_2530お世話になった病院

コメントを残す