【イラン観光の穴場】地元民用のスーパーマーケットが楽しすぎる!

イランの庶民の方々は、ふだんどんな所で買い物しているのでしょう?

現地でお世話になった家の奥さんに、行きつけのスーパーへ連れて行ってもらいました。

_MG_9138

パスタを吟味しているチャドル 姿の若い奥さん。パスタはイラン製。

イランの町中でよくあるのは、お茶やスナック類などを売る小さな個人商店ですが、他に写真のような、もっと大きなスーパーもあります。

値段は個人商店より、こちらの方が少し安いそう。

日本でいったら「マルエツ」とか「赤札堂」みたいな感じでしょうか。

_MG_9144

幼児を買い物カートに乗せているところなんか、日本とそっくりですね!

_MG_9164

缶詰が大量に積み上げられていました。大安売りなのでしょう、きっと。

 

_MG_9152

シャンプーの中には、舶来品らしきものも。こう見てみると、イランはけっこう物が豊富ですね。

_MG_9154これ、「にんにくシャンプー」。

ためしにフタを開けて匂いをかいでみましたが、にんにくの香りはしませんでしたよ。

_MG_9166イランのコーラ「ザムザム」と言います。

_MG_9167イラン製マヨネーズ。イラン人はサラダなどにかけて食べます。

_MG_9173冷凍食品もかなり豊富です。

_MG_9157豆類。ひよこ豆、レンズ豆などなど、日本なら中東食材店などでしか見かけないものが、たくさん。

思わず買い占めたくなりますが、とてもバッグに入りきらないと、あきらめました。

_MG_9158デーツ。一袋100円ほど。日本なら間違いなく500円はするでしょう。

_MG_9184レジは男女別になっています。

レジをすませたら、代金チェックのカウンターで、品物と代金が合っているかどうかをチェックされ、その後出口でバッグの中をチェクされる(万引き防止)。

防犯カメラなどないのでしょうね。

イランのスーパー、かなり楽しめます!

 

【関連記事】

イランは危険? 過去5回イランの隅々まで旅行して知った「リアルなイランの治安」

【イラン女性一人旅の服装】女性が旅する時に、チャドル・スカーフは必要?

【イラン一人旅】言葉ができなくても大丈夫。イランを快適に旅するのに必要な「2つ」のモノ

★「イランの家めし、いただきます!

女ひとり20日間、イランの家庭を泊まり歩いた“出会い”と“食”の旅行記。言葉が通じなくても快く家に迎え入れてくれる、おせっかいであたたかな人々との出会いと、それぞれの家でご馳走になった“家めし”をめぐる食紀行です

コメントを残す