ラマダン中でしか体験できない!この時期ならではの楽しみ方

世界中のイスラム教徒が毎年行う「ラマダン」。

イスラム教徒の義務の1つで、イスラム暦の9月に、約1ヶ月間行います。

(詳しくは、【ラマダンとは?】その詳細から性生活まで徹底解説

ラマダン中、多くのレストランは閉まります。博物館などは通常より早めの時間に閉館になるところも。

ふだんお酒を出すレストランでも、基本的にラマダン中は出さない。酒屋も営業しない。

ラマダン期間中は、旅行者にとって不便なことが多いのも事実。

ラマダン中の旅行は避けた方がいい?

ラマダン中の旅行は避けた方が良いと言われます。

確かにレストランはほとんど閉まっているし、役所や博物館などは早めに終わる。

町中では空腹のために喧嘩も増えるし交通事故も多いようです。

では、ラマダン中の旅行は控えた方がいいのでしょうか?

レストランは閉まるというものの、少数だが開いている店もありますし、スーパーなどで食材を買ってホテルで食べることもできる。

逆に、ラマダン時だからこそ、できる体験があります。

日没が近づくにつれ、町に緊張が走ります。バスや車は猛スピードで町を走り、タクシーがなかなかつかまらない。

ふだんはすれ違いの家族も、ラマダン中は家族揃って断食明けの食事(イフタール)を囲みます。それに間に合うように、家路を急ぐため。時々猛スピードで走って行く車がある。

断食明けの30分前ともなると、街はゴーストタウンと化します。

ラマダン中こそ、イスラム圏にいることをひしひしと実感できる時期は他にありません。

イスラムの人々の暮らしが「宗教」を中心に回っているということが実感できるでしょう。

こんなスペシャル感を味わえるのも、ラマダン中の旅行ならではです。

豊かな人があたえる「神の食卓」

エジプトやヨルダン、パキスタンなど宗教熱心な国では、モスク前や町のいたるところで「神の食卓」というものが設けられる。

裕福な人がイフタールを無料で提供するもの。

道行く人は誰でも、この席について自由に食事でます。

ラマダン

エジプトの「神の食卓」。裕福な人が無料で断食明けの食事を提供するもの。誰でもこの席で食べることができます。

近くをとおりかかれば、異教徒の私にも「寄ってけ、食べてけ」と声がかかる。イスラムの国の庶民と食卓を囲むまたとない機会だ。

多勢の人とテーブルを囲む高揚感。(ああ、みんなで食べるっていいなあ)と思います。

イフタール後1、2時間もすると、町は徐々に活気を取り戻していきます。これからが祭りの本番だ。食べたら遊ぶのです。

ラマダンを体験するのにおすすめの国は?

ラマダンの時期、カイロのイスラム地区はとりわけ華やいだ雰囲気につつまれます。

ラマダン中にどこかイスラム圏へ行ってみたいとしたら、エジプトをすすめます。それも首都カイロ。旧市街の「イスラミックカイロ」へ行けば、その賑やか、華やかな雰囲気を体験できます。

宗教歌手がコンサートを行っていたり、縁日のような出店が出て、輪投げや射撃ゲームを楽しむ子どもたちの歓声が響く。

イスラム地区の中心にあるフセイン・モスク前の広場では、カフェで夜通し歓談を楽しむ人で賑わう。

_MG_8221

フセインモスクの前の広場にあるカフェは、夜遅くまで賑わっている。

アズハルモスクでは、イフタール(断食明けの食事)を食べる大勢の人たちで賑わっています。

_MG_8214こちらフィリピンの人たち。ミンダナオ島の出身だそうです。「今、ミンダナオの情勢はどう?」ときくと、微妙な顔をしていました。

広場近くの観光名所・ハーンハリーリ市場には老舗カフェ「フィシャウィ」があり、行き来が難しいほどの混雑ぶりだ。

_MG_8225ハーン・ハリーリにある有名なカフェ「フィシャーウィ」。断食明けの時刻以降は、座る場所がないほど。

もしラマダンがなければ、ムスリムとしての楽しみは半分になってしまうに違いない。とすら思います

ラマダン中のスペシャル感

ラマダン中は特別イベントやセールが目白押し。テレビでも特別番組が放映され、町のあちこちに臨時遊園地ができる。

クナーファやアターイフといった甘いお菓子を作って売る屋台が出て、カラフルな天幕で飾られます。

_MG_7764ラマダン中に集中的に売りだされるお菓子「クアーファ」

オフィスでは始まりが1時間から1時間半遅くなり、終わりも1時間ほど早まる。

ラマダン中は、セールを行う店が多し。

_MG_7941(「ファヌース」というラマダンランプが、町のあちこちに飾れられる。写真はブティックのショーウィンドー。)

ラマダンはお祭りだ。ラマダンは1年のうちの最大行事。お正月みたいなもの。

こうしてラマダンの終わりが近づくと、誰もが「ラマダンがもっと続いてくれないかな‥‥」と思うのです。

 

【関連記事】

ラマダンは楽しい?私たちが知らない「ラマダンの知識」

 

★イスラム教徒のラマダンについては、こちらの本で詳しく解説しています。ぜひ合わせてお読みください。

イスラム流幸せな生き方』
なぜイスラム教徒が世界で増え続けているのか?その魅力を中学生でもわかるように易しく書いた本。この一冊で、イスラムのイメージが変わります。

 

コメントを残す