【イスラム圏・旅の楽しみ】なぜイスラム圏に通うのか?

それは「人」が好きだからです。


「危なくないの?」とよく聞かれます。私も行く前は、そう思っていました。

私はこれまで東南アジア、アメリカ、ヨーロッパ、ニュージーランドなどを旅してきた中では、イスラム圏最も旅行がしやすい。それが率直な感想です。
もちろんシリアなど紛争地をのぞけば、の話ですが。

人が温かい

イスラム圏の魅力はこれに尽きます。バスの中で知り合った人が、「一人なの?私の家に来なさいよ」と言ってくれることは、よくあることです。カフェに入れば、「お金はいらないよ」と言われることもしばしば。

「旅人を助けよ」、「弱者を助けよ」という教えがイスラムにはあるからです。
しかし宗教だけでは、説明できないものがある。根本的に心がやさしいのだと思います。

「人との距離が近い」。これがイスラム圏の特徴です。現地で知り合った人の家に呼ばれたりといった経験は、アジアの田舎はまだしも他の場所ではまず経験できないでしょう。

もちろん人や暮らしに興味がないという人にとっては、どうでもよいことです。旅のやり方は、人それぞれです。でもせっかくその国へ行き、地元の人とのふれあいが全くないというのも寂しいものです。

女性に親切

イスラムの国というと、「女性が旅するのが大変」というイメージがありますが、全くの誤解です。むしろ女性だからこそ、旅がしやすい。

イスラムには「女性を大切にしろ」という教えがあります。レディーファーストという言葉自体、中東が起源です。

満員のバスで立っていると、するとすかさず男性が席をゆずってくれる。それも、自分よりもずいぶん年上の、父親くらいの年齢の男性が・・・。

列車のチケット窓口や映画館で列を作っていても、女性は割り込みOK。ズンズン列の先頭に割り込んでいって優先的にチケットを買えます。男性は誰も文句を言いません。それは女性の権利です。

「女性は守るべき存在」なので、女性が一人で旅していると地元の方は心配してくれます。「ちょっとわたしの家に寄っていきなさい」などという展開は少なくありません。

治安が良い

一部の紛争地をのぞけば、凶悪犯罪は極端に少ないです。ホールドアップにあったり、スリや置き引きにあったりといった被害は、ヨーロッパ、北米・南米に比べれば、ずっと少ないでしょう。

ニュースではどうしても、テロや紛争などセンセーショナルな「事件」が報道されます。そのため「危険」なイメージがひとり歩きしてしまいますが、普通の庶民の暮らしはいたって平穏。

その背景には、宗教が生活の基本にしっかり根付いていることがあると思います。ラマダン(断食月)には、ほとんどの人が断食をし、イスラム教徒の休日である金曜日の集団礼拝には、モスクに入りきらない人びとが道路にまであふれるほど。宗教が生活の中心にあるのです。

イスラムの教えは簡単に言ってしまえば、「親にやさしくすること」、「食べるものを粗末にしてはいけない」、「人を殺してはいけない」・・・・。人としてあたり前のことを説いている。

そして、「この世の終わりに神が審判を下し、良い行いをした人は天国へ行き、悪いことをしたら地獄へ堕ちる」という教えを、ほとんどの人が心の底から信じています。

文化の違いを感じる

日本では「性」に関することは秘すべきもの、いやらしいものと思われがちですが、イスラム圏では、そうではありません。

たとえばセクシー下着。日本だったら恥ずかしくなるような下着も、イスラム圏では実に堂々と売られています。

これは結婚した女性のためのもの。イスラムでは結婚前は異性との交わりはご法度だけれど、結婚したらどんどんやれって教えなんです。

性については実はかなりオープンで、結婚式には新郎新婦の初夜のベッドを花で飾り、お披露目します。性に対する明るく健康的な見方は、日本とは対照的。

アメリカやヨーロッパを旅行しても、こういう文化の違いを体験できるチャンスは少ないでしょう。
(参考:日本人が知らないイスラム(2)イスラム圏にセックスレスがない理由)

こんなこともありました。スーダンを旅行中、 イエメン人の男女に会い、しばらく行動をともにしました。2人は男性の方がだいぶ若く、最初は親子かと思っていました。男性が必ず女性のお金も払っていました。

実際2人は、旅の途中で知り合ったアカの他人同士とのこと。にもかかわらず、男性が必ず女性のお茶代や食事代を出している。「彼女は同じイスラム教徒だから」と彼。

宗教が人と人との間に、家族を超えた結びつきを与える。それまでの人生で接したことのない考え方でした。そこまで人の暮らしを律するイスラムって何なんだろう?と思いました。

「人生で何が大切か」を知る

とはいっても、イスラムの国を旅すると、最初のうちはイライラすることも多い。

買い物しようにも店主がモスクに礼拝に行っていていないとか、ラマダン中で食堂が閉まっているとか、バスで移動中、急いでいるのにドライバーが車を道端にとめて、礼拝を始めるとか・・・

やがて、そのうちに気づきます。そもそも能率なんて、人間の創ったちっぽけな概念にすぎないんじゃないか。

効率や生産性という名のもとに捨て去ってしまった多くの豊かで奥深いものが、イスラムを信じる人びとの間には今も生き生きと息づいているということを。

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

記事に共感していただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださると、更新の情報が受け取れます。また読んでくださると嬉しいです。

follow us in feedly