美食の町ガジアンテップの観光&ホテル <トルコ南東部>

トルコ人に「ガジアンテップに行く」というと、「あ〜食事が美味しいところね!」とうっとりした表情でいう。料理が美味しいことで有名なガジアンテップ(Gaziantep)

Gaziantep medina 3

ガジアンテップの旧市街。

場所はトルコ南東部。シリアのすぐ近くです。

シリアの近くというと、「危なくないの?」と思われるかもしれませんが、2019年夏現在、全く平穏。

どこに行っても、トルコ人観光客で賑わっていました。

ガジアンテップの観光の見所とホテルをご紹介します。

ガジアンテップ・バーザール

Gaziantep bazaar 1

かなり広く、歩いているうちに道に迷ってしまいます。
お土産屋も多く、トルコ人観光客が熱心に買い物しています。

Gaziantep bazaar 2

値段はもちろんイスランブールなどのバーザールよりもずっと良心的。

ハマム博物館

個人的にはガジアンテップで一番の見所です。

Gaziantep hamam 1

ハマムとは中東の公衆浴場で、日本の銭湯のようなものです。

エジプトなどでは廃れてしまったのですが、他の国ートルコ、チュニジア、モロッコなどではまだまだ健在です。

ハマムは、ただ体を洗う&温まるだけではありません。一種の社交場です。

一昔前は、ハマムで汗を流した後、涼しい場所でくつろぎながら果物を食べたりしていたそう(上の写真)。

一日中ハマムで過ごすこともあって、食べ物や飲み物持参で行くことも。まるでピクニックですね。

ハマムの中で食事を作ったりもしていたそうで、展示にはミートボール、バーベキュー、ミートボール、マングミート、果物のなどの食べ物もありました。

Gaziantep hamam 2

ハマムの中で音楽を奏でる女性たち。

特にハマムが重要な役割を果たすのが結婚式の時。花嫁の女性の家族と花婿の女性の家族がハマムで過ごし、親睦を深めるのが結婚式の恒例でした。

またお母さんたちが、自分の息子の彼女を探しに行くこともあったそう。

髪も体型も包み隠さず見えるから、品定めするにはもってこいなわけですね。

ともかく娯楽が少ない時代、ハマムは特に女性にとって楽しい場所だったようです。

【ハマム博物館 Hamam Muzesi 】

Hamam Muzesi
住所: Karagöz Mahallesi Sadık Dai Sokak No:20 ŞAHİNBEY
Tel: 0342 211 12 00
開館時間: 08:30~17:30

厨房博物館 

 

Gaziantep kithen 3

ガジアンテップの一昔前の庶民の台所、食生活を紹介する博物館です。

Gaziantep kithen 2

かつての台所を再現した部屋。こんなにたくさんのお鍋類があったんだ〜と感心することしばし。

Gaziantep kithen 1

ゲストのおもてなしの様子。

この地方の食生活についても紹介されていました。
ガジアンテップの食事は野菜がたくさん使われるのが特色で、特にナスが重要な役割を果たしているそう。
ヨーグルトもよく食べるそうです。

入場料2トルコリラ。なかなか良心的な値段です。

【厨房博物館 Emine Göğüş Mutfak Müzesi 】

Emine Göğüş Mutfak Müzesi 

バクラヴァ有名店:イマム・チャーダシュ

ガジアンテップはバクラヴァ(トルコのスイーツ)の名産地。その代表とも言える店がイマム・チャーダス(İmam Çağdaş)です。

1887年創業の老舗。全国紙のなんでもランキングで、『お土産に持っていきたいおいしいバクラヴァ、ベスト10』にも選ばれたことがあるそうです。

レストランが併設されていて、ここの料理はトルコ人も一押しの味。

ホテル(下)のオーナーに、「どこのレストランがおすすめ?」と聞くと、ここイマム・チャーダシュをすすめられました。

Turkey 1
ここでは名物のパトリカンケのバブ(ナスのケバブ)を注文しました。43トルコリラ(約800円)。

スパイスがきいたお肉が香ばしい!

しかしナスの皮が硬くて、ナイフでなかなか切れません。

料理を前に悪戦苦闘している私を見かねて、店員さんが親切に食べ方を実演してくれました。

ナスの皮をはぎとり、中身だけパンにはさんで食べます。
なるほどー。

しかしナスの中だけ食べるなんて、なんだかもったいない!
貧乏性の私は、こっそり焦げ目のついた皮もいただきました。

【イマム・チャーダス İmam Çağdaş

 İmam Çağdaş
住所:Eski Hal Civarı, Uzun Çarşı No.49 Şahinbey 
TEL:0342-231-2678

【ガジアンテプのホテル・アナドル エヴレリ(Anadolu Evleri)

古い邸宅を改装した宿。町の中心、バーザールにも近い便利な場所にあります。先のイマム・チャーダスのすぐ近くです。

Gaziantep hotel 1

私の部屋は屋根裏部屋のようなところで、2階に分かれていました。上の写真は2階の寝室、下は1階のリビングです。

Gaziantep hotel 2

オーナーは英語が話せる親切な男性でした。

ホテルの朝食↓

ガジアンテップのホテル

朝食は中庭でいただきます。さわやかな空気の中、鳥のさえずりがなんとも気持ちよかったです!

アナドル エヴレリ(Anadolu Evleri)

Anadolu Evleri
住所397P+C5 Şahinbey
TEL:(0342) 220 95 25

まとめ

トルコの料理はどこで食べてもおいしく、ガジアンテップだから、特別おいしい!というわけではありません。

それでも、ナスのケバブのお肉の香りがとても香ばしく、今思い出しても生ツバが出そうです。

ガジアンテップはトルコ人観光客も多く、活気にあふれる町。

トルコ東部は治安もよく物価も安く、旅行先にはとてもおすすめです!

【関連記事】

<トルコ南東部> リアルな治安・物価・見どころ&旅の楽しみ方

コメントを残す