避暑地バンドンの観光やホテルなど<インドネシア>

インドネシアの避暑地として知られるバンドン。

第一回アジア・アフリカ会議が開かれた場所で、市内にはバンドン工科大学をはじめ20以上の大学があります。

場所は、首都ジャカルタから電車で3時間ほどです。

バンドンの見所をご紹介します。

パサール・バル

「パサール」とは伝統的・庶民的な市場のこと。バンドンのパサール・バル一帯は、衣類や食材を売る店や屋台がひしめきあい、活気にあふれています。

Bangdung 1 2

パサールバルに行ったら、ぜひ「パサールバルトレードセンター」(Pasar Baru Trade Center)地下にある食堂街をのぞいてみてください。屋台街になっています。

Bangdung 3

写真の手前にある赤い容器は、手を洗う水が入っています。インドネシア人は手でごはんを食べる人が多いからです。

Bangdung 2

自分で好きなおかずを選んで、お皿に盛ってもらうシステム。焼きそば、魚のフライ、野菜炒め、、、目移りしてしまいます。

Bangdung 16
こちらは私が食べたもの。小エビのフライが揚げたてでおいしい!手前はジャガイモの炒め物、右手はナスのフライ、奥が青菜の炒め物。これで200円くらいです。

インドネシアの屋台メシは、お皿に紙をしいて、その上に料理を盛る。この紙は食べ終われば捨てればよく、水で洗うよりも衛生的かもしれません。

アジア・アフリカ会議博物館

1955年に第1回アジア・アフリカ会議が開かれた会議場が、博物館として一般公開されています。

Bangdung 1 3
入口を入ってすぐの部屋には、当時の写真が展示されています。

Bangdung 4

奥には、実際に会議が行われた部屋があり、こちらも見学することができます。

Bangdung 5

博物館の前は「ジャラン・アジア・アフリカ」という植民地時代の建物が残る通り。

ジャラン・ブラガ(ブラガ通り)

博物館の向かって右手の通りは、ジャランブラガ通り。ここには、おしゃれなカフェやレストランが集まっています。

Bangdung 6
ミュージック・クリップの撮影でしょうか?

Bangdung 7

こちらはファッション雑誌の撮影?

Bangdung 8

有名なウィキコーヒー。地元の若者たちに人気があるそうです。時間の都合で入れませんでしたが、ここにはカレーや軽食もあるそうです。

バンドン工科大学

キャンパス内は自由に見学できます。
Bangdung 10

パソコンに向かって熱心に勉学中の学生たち。

Bangdung 11
キャンパス内には、明るい雰囲気のカフェもあります。

Bangdung 9

大学の前には屋台がずらっと並び、1皿200〜300円ほどで食事できます。どの屋台も学生たちで大にぎわいでした。

動物園

バンドン工科大学のすぐ近くにあります。
Bangdung 14

こじんまりした動物園ですが、緑が多く、散歩するには楽しい場所です。

Bangdung 12
私が行ったのは平日でしたが、家族づれがたくさんいました。

Bangdung 13

バンドンのホテル

バンドンのホテルのおすすめは、ヒルトン・バンドン

Bangdung 1 4
部屋がゆったりと広く、壁一面の窓からは、眼下にバンドンの町並が見渡せます。

朝食のビュッフェのバラエティは豊か。なんといっても、しぼりたての生ジュースが飲めるのがよかったです。

まとめ

ここにあげた場所は、どれもバンドンの中心部。

中心部は正直、それほど「避暑地」という感じはしません。
車やバイクの量もジャカルタと同じくらい、道を渡るのが大変。

それでも静かな避暑地より、こういう人のエネルギーが感じられるような場所が、私は好きです。

コメントを残す