<トルコ南東部> リアルな治安・物価・見どころ&旅の楽しみ方

トルコ東部、シリアの国境近くを旅してきました。
ガズイアンテップ、シャンルウルファ、マルディン、ディヤルバクル、チェルミック、シヴァス、ディヴリなどです。

ガズイアンテップ、ウルファ、マルディンなどは、現在戦闘状態が続くシリアから50kmほどの場所。
当然、安全面で不安があります。

実際、外務省のホームページの危険情報では、「レベル3」(渡航は止めてください(渡航中止勧告))に指定されています。

私はあえて危険な場所に向かうタイプではありません。
それでも行ったのは、友人が最近この場所(シャンルウルファやマルディン)に行って「安全だし、すっごく楽しかった!」とベタ誉めしていたからです。

行く先々で助けてもらったし、イラン人よりさらに親切だった!」とも。

私はイランで現地の家を20日間泊まり歩いて旅行したことがあります。

行く先々で家に招かれ、「泊まって行きなさい」と言われるからです。
(これについては、「イランの家めし、いただきます!」をぜひお読みください!)

そんなイラン人たちより親切だとは!
「これは行かなければ!」と思い立ったのです。

それに以前からトルコ東部をじっくり旅行してみたいと思っていました。

実際に行ってみて、どうだったのか?
危なくないのか?
普通に旅行できるのか?

安全面を含む一般的な情報をお伝えします。

安全・治安

実際のところ、全く平穏です。

たとえば最初に訪れたガズィアンテプ。
ここのマーケットや伝統的な市場バーザールは、地元の買い物客や観光客でとても賑わっています。


ガズィアンテプの繁華街やバーザールの賑わい。

盗難など一般的な治安についてはどうなのか?
これも全く問題ありません。

私は何度か財布が入ったバッグのファスナーを開けたままにして歩いていたことがありましたが(ぼんやりしていたので)、何も起こりませんでした。

スリやひったくりの類は、気をつけていればまず遭遇することはないでしょう。
女性一人旅でもまったく心配無用です。前述の友人も、女性一人旅です。

人がめちゃくちゃ良い

そのバッグのファスナーの話ですが、しばしば地元の人に「バッグのファスナーが開いてますよ(だから気をつけなさい)」と声をかけられました。

トルコはとにかくお節介な人が多いんです。

歩いていると「チャイ(お茶)飲まないか?」としきりに声がかかります。

Turkish cafe 1おじさま達とお茶。飲んでいるのはホットのファンタオレンジです。

誘われて一杯いただくくと、もちろん「お代はいらないよ」となります。

道に迷って場所を聞くと、行き方を教えてくれるだけでなく、実際に歩いてそこまで連れて行ってくれる人も多いです。

物価が安い

トルコ東部の物価は非常に安いです。だいたい日本の1/4~1/5。
4つ星ホテルは3千円弱で泊まれます。

Sivas 1シヴァスで泊まったホテル。四つ星。一泊3900円ほど。

外食は200円くらいから。

トルコ南東部の郷土料理に「チー・キョフテ」というものがあります。
一皿8〜10リラ(200円前後)で食べられます。

Turkish food 1エラジグの町で食べたチーキョフテ。8リラ(約150円)でした。

チーキョフテはブルグル(挽き割り小麦)やトマトペースト、タマネギや各種スパイスなどをこねて作ったもの。

これをハーブ系の野菜と一緒にレタスや薄いパンに挟んで食べます。

おいしくて、やみつきになります。しかもとてもヘルシー!

民族的に興味深い

トルコ東部は民族的にとても興味深い地域です。

クルド人、アラブ人、トルコ人などが入り混じって暮らしています。

他にたとえばチェルミックなどでは「ザザ人」もいます。彼らはイラン系の言語「ザザ語」を話します。
Zaza 1チェルミックの住宅街で会った人たち。

移動は快適

トルコはバスの便が非常に発達していて、快適に旅行できます。

Turkish bus 1トルコの町と町を結ぶバス。
車内ではコーヒーや紅茶、お菓子などのサービスがあります。

私がこれまで旅してきた国々の中では、交通インフラ面は非常に整っていて、ダントツに旅行しやすい場所です。

英語は通じにくい

外国人が泊まるようなホテルのフロントなどでも、英語は通じないことが多々あります。

でも心配ご無用。
今ならスマホのグーグル翻訳があります。

トルコ人も皆スマホを持っており、外国人と見ると、さっとグーグル翻訳を起動してくれます。

Turkish phone 1シヴァスの携帯ショップ。

SIMフリースマホを持っていれば、ここでSIMカードを購入して自分のスマホに挿入。現地で通話やネットができます。

トルコの女性はセルフィーが大好き!

行く先々で「一緒に写真撮っていいですか?」と突然声をかけられることが数え切れないくらいありました。

Turkesh woman 1

トルコの女性は本当にセルフィーが好き。美人が多いからでしょうね

総じて、トルコ東部はとても旅行しやすい場所です。

いずれまたじっくり時間をかけて旅行したいと思っています。

【関連記事】

美食の町ガジアンテップの見どころ&ホテル <トルコ南東部>

コメントを残す