【アブダビ魚市場】ローカルな活気にあふれるアブダビ市民の台所

アブダビの魚市場は、どこもかしこも近代的なアブダビにあって、唯一土着的な雰囲気を感じられる場所です。
Abudabhi fishmarket 1魚市場入り口。近づくと、ぷーんと魚の匂いがただよってきます。アブダビの町を歩いていて、匂いを感じることはあまりないために、妙に興奮してきます。

Abudabhi fishmarket 9朝からたくさんの人でにぎわっています。

Abudabhi fishmarket 6アブダビは海に近いだけあって、さすが魚介類が豊富。

Abudabhi fishmarket 3ローカルな男性も働いています。アブダビではタクシー運転手やレストランの従業員は外国人労働者が多いので、おもわず嬉しくなり、右の白い民族衣装を着た男性に、「あなたはローカルの人ですか?」と聞いてしまいました。向こうもうれしそうに、「そうだよ」。

Abudabhi fishmarket 2魚には英語とアラビア語で名前が書いてあります。

Abudabhi fishmarket 7買った魚はさばいてもらえます。

Abudabhi fishmarket 10また入り口近くにレストランが数軒あって、買った魚を調理してもらうこともできます。こういうのが日本にもあると嬉しいですね。

【関連記事】

【ルーヴル・アブダビ】心ゆくまで世界のアートを堪能・至福の建築空間=その見所やポイント

【アブダビのホテル】大満足のAl Manzel Hotel Apartments

【イスラム流 幸せな生き方 】 イスラムの魅力を中学生でもわかるように書いた入門書。この一冊でイスラムのイメージが変わります。

スポンサーリンク
(新)イスラム家ごはん広告
当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

記事に共感していただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださると、更新の情報が受け取れます。また読んでくださると嬉しいです。

follow us in feedly
スポンサーリンク
(新)イスラム家ごはん広告