イランを女性が旅する場合の服装は?これさえ知っておけば安心

イラン女性といえば、チャドル を思い浮かべる方も多いでしょう。
では外国人女性もチャドルを着なければならないのでしょうか?

イランでは女性がスカーフで髪を隠すことを義務付けています。
イランを旅する旅行者は、スカーフは必要でしょうか?

イランを女性が旅する場合の服装について、バッチリまとめました。

女性はチャドルだけではない

Chador 1

地元の女性も、チャドルを着ていない人がけっこういます。特に若い人はそう。

イランでは外国人女性もスカーフ着用が義務。
しかしチャドルは着る必要はありません。

チャドルは黒だけではない

チャドル  イラン女性の服装

聖地ゴムのモスクでチャドル を身につけた女性たち

そのチャドル ですが、色は黒だけではありません。花柄模様もあります。

モスクや聖者廟に入る時はチャドル着用が義務。
持っていなくても大丈夫。入り口で貸してくれます。

そんな「借用チャドル」も、花柄など綺麗なものが多いです。

町によっても違う女性の服装

チャドル  イラン女性の服装

町によっても女性の服装は様々です。

上の写真は観光地として名高いヤズドの町。ヤズドはイラン中部にある砂漠の中のオアシス都市。

観光地ではあるものの、南部のシーラーズなどに比べれば、やや保守的であり、そのためチャドル着用の女性が多いのでしょう。

さらにチャドルの女性が多いのが、イランの国教であるシーア派の聖地「ゴム」(テヘランから車で1時間くらいの場所にあります)。

ここでは女性が黒のチャドル を着用する割合は9割くらいです。

不思議なことに、同じシーア派の聖地「マシュハド」(イラン北部)では、ゴムほどチャドル姿の女性は多くありません。

たぶんマシュハドは大都市であり、海外からの巡礼者も多いからでしょう。

民族によっても様々

イランには様々な民族がいて、民族ごとに衣装が違います。

Ardabir 1

トルコ系民族の姉妹。右から2番目の女性が着用しているチョッキが特徴的。

イランの北部にはトルコ系の方々が多く暮らしています。写真は北部の町アルダビールにて。

 

Role 1

こちらは遊牧民であるロル族の女性。

ワンピースのように見えますが、上下はセパレートになっています。上着の丈が長いので、ワンピースのように見えます。

ただ若い人は民族衣装をあまり着なくなっているのも現実。ちょっと寂しい気もします。でおやっぱりジーパンは活動的で便利ですからね。

【関連記事】

イスラム女性の服装=ヒジャブ、チャドル、二カーブ、アバーヤって何?

【イラン女一人旅】女性の服装。チャドルは必要?

【イラン一人旅】イランのバスに1円でも安く乗る方法

 

★「イランの家めし、いただきます!

女ひとり20日間、イランの家庭を泊まり歩いた“出会い”と“食”の旅行記。言葉が通じなくても快く家に迎え入れてくれる、おせっかいであたたかな人々との出会いと、それぞれの家でご馳走になった“家めし”をめぐる食紀行です

コメントを残す