モロッコのホテル:ミルレフトのアパートメントと魚レストラン

ティズニットから向かったのはミルレフト(Mirleft) 。大西洋岸の小さな町です。

ティズニット からグランタクシーで向かいました。途中いくつか起伏のある丘を超えると、やがて目の前に青い海と白い小さな家々が見えて来ます(この瞬間、けっこう感動します!)。

ミルレフトではアパート暮らしを体験しました。
その名は「Tigmi Ayour Apartments」。

町の中心部にあり、市場へも徒歩1分の好立地です。

Merleft 2部屋は広くて綺麗で快適でした。窓からの光がふんだんに入ってきて明るかったです。

Merleft 1小さなキッチンもついています。

町の中心には小さなスーパーマーケットがたくさんあるので、そこで朝食の卵やパン、バター、お茶やコーヒーを買ったりして、自分の部屋で料理。こういうのも、なかなか楽しいです。

Tigmi Ayour Apartmentsの場所

場所はメインストリートのガソリンスタンドを曲がったところにあります。

 

Merleft 32これがそのガソリンスタンド。

ティズニットから乗合タクシーで来ると、車はこのガソリンスタンドを通り過ぎ、終点のタクシー乗り場で止まります。ここまで行かずに、ガソリンスタンドの前で下ろしてもらうのがベター。

とはいっても、言葉ができない場合、なかなか「ガソリンスタンドで下ろしてくれ」とは言えませんよね。私もそうでした。でも心配ご無用。終点からガソリンスタンドは、目と鼻の先です。

私がタクシーを降りたところに偶然、泊まるべきアパートのオーナーの友人がいて、彼が連れて行ってくれました。「この小さな町では、みんなが知り合いなんだ」とのこと。

その友人もアパートのオーナーで、タクシー乗り場で客引きをしていたのです。避暑客目当ての客引きが、タクシー乗り場にはたくさんいて、タクシーが着くたびに、わっと車に殺到。

でもお客のほとんどは、私のように泊まる場所がすでに決まっていて、オーナーはしょんぼりしながら、次の車を待つことになるわけですが。

その間、暇なので友人のアパートまで私を案内してくれたというわけ。小さい町では助け合いが大事ですからね。

Merleft 24
建物の外観。宿泊したのは、この3階でした。

【Tigmi Ayour Apartments】
R104 Mirleft Centre, 85352 Mirleft, Morocco
Tel : 06 70 70 60 43

ミルレフトのレストラン

おすすめは、魚市場で買った魚を近くのレストランに渡して料理してもらうことです。
魚市場のそばにレストランが何軒か並んでいます。地元の人のおすすめは、「向かって一番右手」です。

Merleft 11どのお店も、店先にタジン鍋が並んでいます。

Merleft restaurant 1

市場前のレストラン街は、昼過ぎから夜にかけて次第に賑やかさを増して行きます。

モロッコ人に人気なのは「イワシのグリル」。みんな5~6匹食べてます。
パンを手に持って、それで魚をちぎりつつ、パンにはさんで食べる。

パンとイワシ!?
ちょっと日本人的には不思議な感じでしたが、これが食べてみると美味しい!

そういえば、トルコには有名な「サバサンド」なんかもありますしね。
(あ、そういえば日本にも「ツナサンド」があるか。)

Merleft 37
炭で焼くから本当においしい!

ミルレフトでお酒

モロッコはイスラムの国。基本的に禁酒ですが、飲むこともできます。ミルレフトで唯一お酒が飲めるレストランは、「Hôtel Abertih」。

Merleft 3スークの入り口にあります。ここで飲んだモロッコ産赤ワイン、渋みがきいていてなかなか美味でした。

照明を落とした店内もなかなかムーディーです。

次は、ミルレフトの町の紹介です。
【ミルレフト】何もないけれど、心いやされる小さな港町 [モロッコの旅]

⚫️モロッコの旅2018夏」を通して読む

 

 

【女ひとり、イスラム旅 (朝日文庫)】

モロッコを含むイスラム圏の旅の本。ネットやガイドブックにはないモロッコの情報が満載です。

【イスラム流 幸せな生き方 】

イスラムの魅力を中学生でもわかるように書いた入門書。この一冊でイスラムのイメージが変わります。

コメントを残す