美しかった頃のシリア

ダマスカスにあるウマイヤドモスク。夜はライトアップされる

私がシリアを最後に訪れたのは2009年。たまたま4月でした。

現地で会った日本人に「すごく良い時期に来ましたね。今はシリアが一番美しい季節ですよ」と言われたのを覚えています。

シリアの農村地帯まさにその通り。

町を少し離れると、美しい田園風景が広がっていました。

シリアの農村

以前にも書きましたが、ハマという町の近くの村で、村長さんの家に呼ばれました。上がその村です。

 

シリアの村長さんの家

村長さん(右)の家で食事をごちそうになった

村長さんは、突然の訪問者である外人の私に、食事やコーヒー、羊のミルクを振るまってくれた後、「この家に一ヶ月いたら、君もわしらの言葉がペラペラになるさ」とまで言い出す始末。

よそ者である私を、まるで家族のように温かく迎えるシリア人の優しさは衝撃的でした。

「美しい」。

シリアの美しさは自然だけではなく、人の心もそうでした。

シリアの親子

食堂で朝ごはんを食べる親子

初めて訪れたのは、もう20年以上前。町中で地図を広げていたら、たちまち人だかりができたのを、よく覚えています。

みんな口々に「どこに行きたいんだ?」と言い、「それはあっちだ」、「いや、こっちだ」と、私そっちのけで議論がはじまる。

旅人や困っている人を、ほっておけない人たちだったのでしょう。

シリアの親子

パン屋に買い物に来たお父さんたち

日本のように発展はしていない、物質的には決して豊かではないけれど、家族や人々のつながりという意味では、とても豊かなものがありました。

 

シリアのカップル

ダマスカスのウマイヤドモスクで語り合う男女

あの人たちが、今どのように暮らしているのか。

なぜもっとシリアを訪れなかったのか、今はもう後悔してもしきれない。

「君もこの家に1ヶ月いれば」という村長さんの言葉は、社交辞令だったかもしれないけど、あの村に長期で滞在したら、どんなに素敵だったろうかと、今ではかなわない夢を想像します。

そのうちに、と思っていた愚かな自分。

人生や物事に普遍ということはありません。今平和や国や場所も、いつ訪れることができなくなるかもしれない。

だから会いたい人には今すぐに会い、行きたい場所には今すぐ行く。
そのことは忘れないようにしたいと思います。

スポンサーリンク
(新)イスラム家ごはん広告
当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

記事に共感していただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださると、更新の情報が受け取れます。また読んでくださると嬉しいです。

follow us in feedly
スポンサーリンク
(新)イスラム家ごはん広告

『美しかった頃のシリア』へのコメント

  1. 名前:3月4日(土)シリアのトークイベントの詳細が決まりました 投稿日:2017/01/28(土) 08:54:25 ID:3f2e8de6a

    […] 【関連記事】 美しかった頃のシリア […]