道で知り合った男性に「俺の奥さんの手料理最高だぜ!」とお呼ばれされ。

iran-qorveh-10イランのお家では絨毯の上に座って食事します。

この日いただいたお食事のレシピをご紹介します。

妻の料理を食べに来い!

その前に、このご家族と知り合ったきっかけを簡単に。

ガイドブックにもない地方都市に行った時のこと。特に見所もない町ですが、ホテルのフロントに聞くと公園があるというので、向かいました。

が、途中で道に迷ってしましました。たまたまお兄さん(写真中央)が通りかかったので「公園はどこですか?」と聞くと、親切に公園まで案内してくれることに。

そしてしょっぱなから「オレの妻の料理は最高なんだ。食べに来い!」と始まるではありませんか。それが何度も何度も続く。

これは新種のナンパか!?と一瞬身構えましたが、こんなおばさんをナンパするわけないわよね、と思い直し。

それに、知り合ったばかりの外国人を家に呼ぶのは、イラン人はよくあること
イラン人同士でもそうなのかは、よくわかりませんが。おそらく外国人がめずらしいから?

それはともかく、そこまで誘われたら、断れません。お言葉に甘えて、おじゃますることにしました。

上の写真の手前左手に写っているのが奥さんです。

iran-qorveh-3

こちらが、そのキッチン。右上はご主人のお兄さんの写真。若くしてイラン・イラク戦争で亡くなられました。

冷蔵庫の上にペタペタ磁石がはられているところなど、日本そっくり!

ホットクッカーで蒸し焼きチキン

iran-qorveh-4

日本でも売られているホットクッカー。イランでも大活躍しています。

軽く油をしいた上に、玉ねぎとチキンを入れ、ふたをするだけ。時々ふたを開けて、チキンの焼き具合いを確かめます。

初対面の外国人にも物怖じしないイケイケGOGOなご主人とは対照的に、奥さまははにかみやさん。始終めずらしそうに料理を眺める私に、いつも恥ずかしそうな笑みを返してくださいました。

iran-qorveh-7

仕上げにトマトソースを上にかけ、薄焼き卵を細かく刻んだものをトッピング。

シーラーズ・サラダ

iran-qorveh-9

サラダ・シーラージイ(シーラーズ・サラダ)。キュウリ、玉ねぎ、赤ピーマンをきれいにみじん切りにしました。こうなると、一種のアートですね。ドレッシングをお好みでかけます。

お味の方ですが、ご主人が自慢するだけあって、それはそれはおいしかった! 

他人に自分の妻の手料理を自慢する男性なんて、日本ではそうそういないもの。照れ臭いのか、本当に美味しくないと思っているのか、、、、

ともかく、イランのご夫婦の仲の良さはうらやましいものです。

そして見ず知らずの外国人に「妻の手料理最高だぜ、食べにこい!」って誘う男性も、日本ではそうそういないかも。

イラン人のメンタリティ、なかなか興味深いものがあります。

イラン式トイレだから?

さらにその後、興味深いことが。

食事が終わる頃、ご主人がしきりに「家に泊まれ」と私に言うのです。

私はその日、すでにホテルにチェックインしてしまっていましたから、「せっかくだけど、ホテルに泊まります」と答えると、ご主人は「なんでだ!?」と納得しない。

「ホテルなんか、いいじゃないか。うちに寝ろ」。

いっしょにいた彼のお姉さんも「そうよ、そうよ、家に泊まりなさい」と。
私が遠慮してるとでも、思ったのでしょうか・・・・。ともかく2人とも、なかなか納得してくれません。

私の言語能力の不足により、なかなか意思が通じず、あたふたしていたところ、ご主人とお姉さんがヒソヒソ話を始めました。

正確な内容はわかりませんが、言葉の端々から「イラン式トイレ」と聞こえてくる。

どうやら2人は、私が西洋式トイレじゃないから、この家に泊まるのを嫌がっていると勘違いされているよう。

そこで私はあわてて、「私のホテルもイラン式です!イラン式トイレの方が好きなんですよ〜!」と大声で言うと、2人とも大笑い。

どうにか「泊まりなさい」攻勢から逃れることができました。

 

 

コメントを残す