バングラデシュはどんな国? バングラデシュ人質襲撃事件を受けて考えたこと

これまでバングラデシュには2回行ったことがあります。1回目は20年以上前、2回目は2014年です。バングラデシュの魅力は主に人です。

 

HPバングラデシュ-22

バングラデシュの女の子

大人から子供までピュア

20年以上も前のバングラデシュ旅行の最中。衝撃的な事件がありました。

首都ダッカで市バスに乗ろうとした時、後ろからガシッと胸をわしづかみにされたのです。大勢の人が押し合いへし合いしながらバスに乗り込もうとしていた時で、ようは「どさくさに紛れて」。

急いで後ろを振り返ったけれど、誰だかわからない。あんな痴漢、世界広しといえども、絶対あそこしかありません。

2回目に旅した時は、学校へ行きました。「全生徒」がわっと教室から出てきて取り囲まれた。私はムービースターか?? 

外国人観光客が少ないせいもあるでしょうが、たとえば日本で、外国人がめったに来ないような田舎に外国人が行ったとして、日本の子供がああいう反応するだろうか? ちょっと違う気がします。

子供から大人まで無垢な好奇心を隠さない。よくいえばピュア。悪く言えば「なりふりかまわず」。

「バングラデシュ人=暴力的」ではない

だから旅してタイヘンだけど、あんなにおもしろい国はない。人は温かいし食事がバツグンにおいしい。

もちろん私は単なる旅人で、その社会に奥深くまで入り込んだわけではないし、多少ひいき目に見ていることは否めませんが。

 
バングラデシュの女子学生

女子校を訪問したら、女子生徒たちがわっと教室から飛び出してきた

 

この国はイスラムの戒律も厳しくなく、女性も明るくフレンドリー。そういう意味でも、とても旅行しやすい国です。

 バングラデシュ人質襲撃事件で、この国のために尽くしてきた人が亡くなられたのは本当に悲しい。でも多くのバングラデシュの人々が心を痛めているはず。
 
事件はISがらみの過激派青年が起こしたとか言われているが、そういう事件があったから、その国の治安が悪いわけでは決してない。
 
むしろバングラデシュは(痴漢があったりしても)凶悪犯罪は日本より少ない。そこのところを混同しないでほしいと思います。
 
「バングラデシュ人=暴力的」ではない、「イスラム=テロ」ではないことだけは知ってほしいと思います。

HPバングラデシュ-4

【関連記事】
バングラデシュ観光で気をつけたい3つのポイント
【バングラデシュの家に居候】村長さんの家に泊まりました!
【バングラデシュ・旅の楽しみ方】学校を訪れる
【バングラデシュ・旅の楽しみ方】(2)ローカルなカフェ「チャー・ドカン」でまったり【バングラデシュ・旅の楽しみ方】(3)写真で見る農村の魅力

 

コメントを残す