イランを旅する女性の服装は?チャドル・スカーフは必要?

イラン女性の服装といえば思い出すのはチャドルです。チャドル とは大きな布を頭からすっぽり覆うもの。

では外国人女性がイランを旅行する場合、チャドルは必要なのでしょうか?

チャドルでなくてもOK

イラン女性の服装

イランの女性用ジーパンショップ。

答えは「Gパンと丈の長いコート」でOKです。

現地女性はもちろんチャドルを着ている人もいますが、都市部では「ジーパンとお尻が隠れる丈のコート」を着ている女性も多いです。

特に若い女性の間はこちらの方が主流。

ちなみにこのコートは現地では「マント」と呼ばれています。

現地女性のチャドル着用率は、町によっても違いがあります。

イランの宗教であるイスラムのシーア派の聖地ゴムなどでは、黒のチャドル姿の女性が多い。

一方で、一般的な観光客が訪れるようなイスファハン、シーラーズあたりでは、先の「ジーパンとマント」姿の女性が多いです。

逆に外国人女性がチャドルを着ていると、目立ってしまうかもしれません。

スカーフの色は様々

チャドルは必要ありませんが、スカーフは外国人女性も着用が義務になっています。

その色や形は自由。現地女性が身につけるスカーフは、とてもカラフルです。

きっとスカーフをかぶるという決まりを逆手に取り、色を綺麗にしてオシャレを楽しんじゃおうって感じなのでしょう。

現地の女性の服装は、こちらを写真を参考にしてみてください。

イラン女性の服装

カスピ海沿いの町のマーケットにて

モスクに入る時はチャドルが必要

チャドル は義務ではありませんが、ただしモスクや聖者廟(聖者の墓が祀ってある建物)に入る際は、チャドルを羽織る必要があります。

でも心配ご無用。モスクなどの入口で貸してもらえます。

これは現地女性も同様。チャドル以外の服装で外出し、モスクに入るときに入口でチャドル を借りるという女性もたくさんいます。

「スカート」「ワイドパンツ」は避けた方が良い

 Gパンで良いなら、スカートやワイドパンツでも良いのでは?と思いますが、ことイラン旅行にかぎってはGパンの方が理想的です。

まずイランではスカートやワイドパンツを履いている女性をあまり見かけません。

その理由の一つは(私の想像ですが)トイレにあると思います。

イランのトイレは、ほとんどがイラン式(和式)です。家庭では西洋式のトイレもあるものの、公衆トイレはほぼ100パーセントが「イラン式」。

そこで用を足すのに、ワイドパンツをそのままずり下ろすと、裾が下(便器!)についてしまいます。

だからまず裾をぐっと持ち上げてから、ズボンを下ろさなければなりません。

終わった後も、裾が下につかないよう注意深くズボンをずり上げる。これはめんどくさい!

その点、ジーパンなら生地がぴったり足についているので、ズボンを下ろした時に裾が下につく心配がありません。

イラン女性が皆ジーパンはいているのは、きっとこのトイレのせいでしょう。違うかな?

スカートならいいのか?と思われますが、イラン女性は(少なくとも外で)スカートを履く習慣がありません。

家の中で着ているのは、スパッツとかジャージとか短パンとか。

もちろん外国人観光客がスカートを履いていて、とがめられることはありませんが、ジーパンの方が何かと行動しやすいのでは?と思います。

 

【関連記事】

<イラン> イランのバスに1円でも安く乗る方法

【イラン一人旅】言葉ができなくても大丈夫。イランを快適に旅するのに必要な「2つ」のモノ

★「イランの家めし、いただきます!

女ひとり20日間、イランの家庭を泊まり歩いた“出会い”と“食”の旅行記。イラン人のリアルな暮らしぶりを知ることができます。

 

コメントを残す