外国のレストランでメニューが読めない時どうする?

ガイドブックにのっている評判のレストランに行った。でもメニューが外国語で読めない。

混んでいる食堂をみつけた。地元の人に人気の店らしい。いざ入ってみたはいいものの、メニューがない・・・・。

こんな時、私ならこうします。

他のテーブルの料理と同じものを

店内をぐるりと見渡して、他のお客が食べているもので美味しそうなものがあれば、「私も、それ」と店員に伝えます。

日本でやったら相当恥ずかしいですが、海外で食べるか死ぬか?の時、そんなこと言ってられません。

ついでに、それを食べているお客さんに、その料理の値段も聞いてしまう。こうすれば外国人観光客だからといって、ボラれる心配もありません。

キッチンを見せてもらう

店内に誰もお客がいなかったら?
店員に身振り手振りで「キッチン、見てもいい?」と伝えます。

もし通じなければ、自分でズカズカ厨房に入っていってしまう。ここで止められるようなことは私の経験上ありません。

キッチンでは、たいてい大鍋があって中でグツグツ料理が煮えています。
中を指差して、「これ、なに?」とジェスチャーで伝えれば、親切な店員さんなら味見させてくれたりします。

これも日本でやったらひんしゅくですが、「食べるか死ぬか」?の状況でそんなこと言ってられません。

海外なら「この人は外国人だから」と大目に見てもらえるので、たいていOKです。特にイスラム圏では地元の人はとても親切。場合によっては、今日は私たちのおごりです、なんていうことも。

いずれにしても、海外に行くとずうずうしい性格になります。
よく言えば積極的。

旅で自分を変える。こうも言えますね。

エジプトの焼き魚屋。

こういう店なら、何が食べれるか一目瞭然ですね。

【関連記事】

【海外一人旅のテクニック】英語を話せなくても海外一人旅を存分に楽しむ方法

言葉ができなくてもイランを快適に旅できる2つのモノ

エジプト旅行、この言葉だけ知っていれば大丈夫

コメントを残す