フンザの郷土料理「グラール」はクレープとジャムとアプリコットオイルのサンドイッチ!

フンザといえば、日本では長寿の里として有名。パキスタンの北部にあります。

Hunza 1

フンザの場所はこちら。

ここの家庭で、フンザの家庭料理「グラール」の作り方を教えていただきました。

クレープを重ね、その間に「マルベリー・ジャム」と「アプリコット・オイル」を挟むもの。

ジャムもオイルも、もちろんホームメイドです。

その作り方。

小麦粉を水でといたものを、鉄板の上にのばします。鉄板には油はしきません。

この時に大事なのは、鉄板を十分温め、強火で焼き続けること。そうしないと生地が鉄板にくっついてしまいます。

一枚重ねるごとに、上にマルベリー・ジャム(カンダQANDAと呼ばれています)とアプリコットオイルをぬります。

食事というよりデザート。でもフンザの人は、これだけで食事をすますこともあるそうです。確かにボリューム満点ですますからねー。

【関連記事】

【モルディブ家ごはん】マグロカレーの作り方を教わりました。

イランの伝統料理「アーブグーシュト」作り方はとても簡単です。

コメントを残す